August 24, 2018 / 8:32 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=反落、金融・消費関連株が下げ主導

    [24日 ロイター] - 
 インド               日本時間16時56      前日比       %        始値
                      分                                   
 SENSEX指数<.B        38,239.75    - 97.01   - 0.25   38,366.79
 SESN>                                                     
 前営業日終値               38,336.76                                
                      日本時間16時57      前日比       %        始値
                      分                                   
 NSE指数                 11,552.05    - 30.70   - 0.27   11,566.60
 前営業日終値               11,582.75                                
 
    
    24日中盤のインド株式市場の株価は反落。世界の市場で警戒感が広がる中、金融株
と消費関連株が下げを主導した。
    米中が追加関税の発動に踏み切ったほか、元側近2人の違法行為にトランプ米大統領
が関与したかに焦点が当たり、世界の市場を圧迫した。
    SMCグローバル証券の調査部門担当アシスタント・バイスプレジデント、サウラブ
・ジェイン氏は、「この日は一服商状で、堅調な展開後の値固め局面に入っている」と指
摘した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0609
GMT(日本時間午後3時9分)時点で、0.14%安の1万1566.3。SENSE
X指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は0.16
%安の3万8274.84。
    両指数とも週間ベースでは0.8%超高と5週連続の上昇となる見通し。
    リライアンス・インダストリーズは0.07%安。前日に同社の時価総額
は8兆ルピー(約1141億4000万ドル)を突破した。
    銀行株では、ICICI銀行とイエス銀行など民間銀行が軟調。
    ニフティ製薬株指数は0.8%安。前日まで7営業日続伸しており、利食
い売りが出た。
    IT株のヘクサウェア・テクノロジーズは一時19.3%安と、下落率が
3年超ぶりの大きさとなった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below