February 5, 2019 / 8:14 AM / 12 days ago

インド株式市場・中盤=小動き

    [5日 ロイター] - 
 インド            日本時間16時2    前日比      %      始値
                   8分                              
 SENSEX指数      36,655.46   + 72.72  + 0.20  36,573.0
                                                           4
 前営業日終値          36,582.74                            
                   日本時間16時2    前日比      %      始値
                   8分                              
 NSE指数<.NSEI      10,941.45   + 29.20  + 0.27  10,908.6
 >                                                         5
 前営業日終値          10,912.25                            
    
    5日中盤のインド株式市場の株価は小動き。7日まで3日間の日程で行われるインド
準備銀行(RBI、中央銀行)の政策決定会合開催を控えて警戒感が広がった。通信株が
下落したものの、自動車株が値を上げた。
    ロイターがアナリスト65人を対象に実施した調査によると、回答者の3分の2がR
BIは政策金利のレポレートを据え置くとみている。RBIはこの日、政策決定会合を開
始する。
    また、複数のアナリストによれば、米MSCIが指数の構成銘柄に関する見
直しを行う可能性があり、見直されれば一部大型株が影響を受けるとみられる。
    KRチョクシー・インベストメント・マネジャーズの創業者、デベン・チョクシー氏
は「MSCIが見直しを行えば、一部銘柄のウエートが下がる可能性がある」と指摘した
。
    タタ・モーターズは2.1%安、インフォシスは0.9%安。
    0605GMT(日本時間午後3時5分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取引
所に上場する50銘柄で構成)は前日終値比0.02%高の1万0914.55、SEN
SEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)はほぼ横ばいの
3万6580.64。
    通信大手バーティ・エアテルは4.5%安。ムーディーズ・インベスター
ズ・サービスによるバーティ社の一部社債格下げが嫌気された。
    大半の大手自動車株が上伸し、ヒーロー・モトコープは1.8%高、マヒ
ンドラ・アンド・マヒンドラは2.1%高。
    ヒンドゥスタン・ユニリーバは1.4%上げ、NSE指数の押し上げに寄与
した。
    IT株では、この日四半期決算を発表するテック・マヒンドラが約1%安
。
    リライアンス・コミュニケーションズは16.7%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below