August 30, 2018 / 6:49 AM / 22 days ago

インド株式市場・中盤=小安い、先物・オプション期日で

    [30日 ロイター] - 
 インド            日本時間15時1    前日比      %      始値
                   8分                              
 SENSEX指数      38,677.34   - 45.59  - 0.12  38,796.9
                                                           8
 前営業日終値          38,722.93                            
                   日本時間15時3    前日比      %      始値
                   4分                              
 NSE指数<.NSEI      11,666.20   - 25.70  - 0.22  11,694.7
 >                                                         5
 前営業日終値          11,691.90                            
    
    30日中盤のインド株式市場は小安い。先物やオプションの期日で
、金融株に利食い売りが出た。
    消費関連株や資源株の上昇が金融株の下落を一部相殺した。
    市場関係者は「明らかに利食い売りが出た。加えて、この日は先物
とオプションの期日だ。こうしたことが、全般的な勢いを若干一服させ
た」と語った。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は
中盤の段階で前営業日終値比0.18%安の1万1670.4。SEN
SEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成
)は0.1%安の3万8683.15。
    金融株では、コタック・マヒンドラ銀行が1.5%安で
、24日以来の安値。インダスインド銀行は1.6%安で、
5月24日以来の安値となった。
    消費関連では、ITCが1.29%高。ヒンドスタン・ユ
ニリーバが0.67%高。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below