March 1, 2018 / 9:05 AM / 6 months ago

インド株式市場・中盤=小安い、海外株安が地合い圧迫 銀行株下げる

    [1日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間17時30    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       34,179.30    - 4.74   - 0.01  34,141.22
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            34,184.04                              
                    日本時間17時45    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,486.75    - 6.10   - 0.06  10,479.95
 前営業日終値            10,492.85                              
 
    1日中盤のインド株式市場の株価は小幅下落している。インド国内総生産(GDP)
統計は予想より良い内容だったものの、海外市場の心理の弱さが勝っている。ICICI
銀行やインドステイト銀行といった銀行株などが大きく値下がりした
。
  米連邦準備理事会(FRB)のパウエル新議長のタカ派的な発言がリスク資産市場全
般に影響する中、2月の米主要株価指数が月間ベースで約2年ぶりの大幅下落を記録した
後を受け、1日のアジア株はおおむね下落している。
  昨年10─12月のインドGDPは7.2%増と、ここ5四半期で最大の伸び率とな
った。
  ウェイ・ツー・ウェルスのテクニカルリサーチ責任者は「GDP統計は上向きな内容
だが、世界の全般的な懸念がまだ国内市場を損ねている」と指摘した。
  NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0729GMT(
日本時間午後4時29分)時点で0.01%安の1万0491.70、SENSEX指数
(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.08%安の3万41
57.27。
  銀行株が特に出遅れており、ICICI銀は2.68%、インドステイト銀は1.7
5%、それぞれ下落した。
  NSE指数は過去2営業日で0.8%下落。パンジャブ・ナショナル銀行(PNB)<
PNBK.NS>による不正取引の総額が20億ドルに増える可能性があるとの発表を受け、国有
銀行株がNSE指数を押し下げた。財務省による各行への指示も短期的に株価を圧迫した
。
  NSE指数は2月を通じて4.85%下落。SENSEX指数は4.95%安で、ど
ちらも月間ベースで2年ぶりの大幅下落だった。
  一方、自動車株は上げ、バジャージ・オートは2%高、タタ・モーターズ<T
AMO.NS>は1.7%高。自動車各社はきょう、2月の販売統計を発表する。
  インド株式市場は2日は祝日で休場となる。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below