December 7, 2018 / 8:15 AM / 6 days ago

インド株式市場・中盤=小幅上伸、コタク・マヒンドラ銀が高い

    [7日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間16時45    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       35,442.32  + 130.19   + 0.37  35,494.86
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            35,312.13                              
                    日本時間16時44    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,620.65   + 19.50   + 0.18  10,644.80
 前営業日終値            10,601.15                              
    
    7日中盤のインド株式市場の株価は小幅上伸。米著名投資家ウォーレン・バフェット
氏が率いる米投資会社バークシャー・ハサウェイが、金融のコタク・マヒンドラ
銀行に出資するとの報道が全般の上伸をけん引した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0651GMT(
日本時間午後3時51分)時点は0.40%高の1万0643.80。SENSEX指数
(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.54%高の3万55
03.56。
    中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)        の孟晩舟・副会長兼最高財務
責任者(CFO)がカナダ当局に逮捕されたことが、米国と中国の貿易戦争の「一時休戦
」の行方に影を落としたことも、相場を圧迫する要因となった。
    サンクタム・ウェルス・マネジメントのシャルマ最高投資責任者(CIO)は「短期
的には市場は地合いに左右される部分が大きくなるだろう」との見方を示した。また「先
を見通せば、緩和的なインド中銀の金融政策、中立のFRB、原油安、堅調な国内経済な
どの材料が控えている」と語った。
    金融株が指数の上昇の半分以上を占めた。中でもコタク・マヒンドラ銀の上昇率が1
4%超となり、2010年2月25日以来の上昇率を記録。指数構成銘柄で最大の上昇率
となった。
    CNBC−TV18は、バークシャーがコタクに対して40億─60億ドルを投資す
ることを計画していると報じた。
    ソフトウエア・サービスのHCLテクノロジーズは、米IBMから
ソフトウエア資産を18億ドルで買収すると発表したことを受け7.7%安と、5カ月ぶ
りの安値となった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below