Reuters logo
インド株式市場・中盤=小幅下落、GST導入控え自動車株が安い
2017年6月30日 / 09:02 / 5ヶ月後

インド株式市場・中盤=小幅下落、GST導入控え自動車株が安い

    [30日 ロイター] - 
 インド                  日本時間17時35分       前日比        %         始値
 SENSEX指数<.BSES          30,795.65     - 61.87    - 0.20    30,824.97
 N>                                                               
 前営業日終値                    30,857.52                                   
                         日本時間17時51分       前日比        %         始値
 NSE指数                       9,501.00      - 3.10    - 0.03     9,478.50
 前営業日終値                     9,504.10                                   
 
    30日中盤のインド市場の株価は小幅下落。物品サービス税(GST)の導入を控え
た警戒感から自動車株が売られている。株価指数は年初来初めて月間ベースで下落する見
通し。
    前日の米国株安を受け、この日の他のアジア株が下落したことも地合いを悪化させて
いる。MSCIアジア太平洋株価指数(日本除く)は0.7%安。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0702
GMT(日本時間午後4時2分)時点で0.12%安の9492.35。月間ベースでは
1.4%安。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は0.
14%安の3万0815.72。週間ベースでは1.03%安、月間では1.04%安。
    自動車株の下げがきつい。GSTが自動車価格を押し上げ、売り上げ減少につながる
との懸念が広がった。ニフティ自動車株指数は0.9%安、タタ・モーター
ズは1.6%安。
    インターグローブ・アビエーションは一時5.7%急落。前日は2.2%
値を下げた。同社は、インド政府が国営エア・インディアの民営化計画を承認したことを
受け、エア・インディア株の取得に関心を示した。
    新規上場したセントラル・デポジトリー・サービシズは一時80%急伸し
た。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below