Reuters logo
インド株式市場・中盤=小幅安、利食い売りで
2017年11月6日 / 08:54 / 12日後

インド株式市場・中盤=小幅安、利食い売りで

    [6日 ロイター] -    
 インド                  日本時間17時29分       前日比        %         始値
 SENSEX指数<.BSES          33,817.49    + 131.93    + 0.39    33,710.15
 N>                                                               
 前営業日終値                    33,685.56                                   
                         日本時間17時45分       前日比        %         始値
 NSE指数                      10,476.40     + 23.90    + 0.23    10,431.75
 前営業日終値                    10,452.50                                   
    
    中盤のインド株式市場の株価は小幅安。先週、過去最高値を記録した後の小休止とな
った。投資家は、通信大手バーティ・エアテルなど、このところ大きく上昇し
ていた銘柄に利益確定の売りを出した。
    ウィリアム・オニール・インディア傘下のマーケットスミスのリサーチ責任者、スド
ハカール・パッタビラマン氏は「市場ではある種の調整が入り、利食い売りが若干出てい
る。先週の過去最高値を受けた自然な動きだ」と述べた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0610
GMT(日本時間午後3時10分)時点で0.08%安の1万0443.80。SENS
EX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は0.01%安の3
万3683.17。両指数ともに先週、過去最高値を付けた。
    バーティ・エアテルは1.2%安。先週は、予想より好調だった四半期決算を受けて
、11.5%上昇した。
    宝飾品小売りのタイタンは25%近く上昇し、過去最高値を記録した。同
社の7─9月期決算は71%の増益だった。
    ユニオン・バンク・オブ・インディアは、先週発表した四半期決算が予想
外の赤字だったものの、資産の質の改善が好感され、一時6.1%高となった。
    一方、日本生命保険が出資する資産運用会社リライアンス・ニッポンライフ・アセッ
トマネジメントが新規上場され、一時18.65%高となった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below