April 25, 2018 / 7:01 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=小幅安、利食い売りで

    [25日 ロイター] - 
 インド             日本時間15時40    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       34,559.56   - 57.08   - 0.16  34,593.17
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            34,616.64                              
                    日本時間15時56    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,586.85   - 27.50   - 0.26  10,612.40
 前営業日終値            10,614.35                              
    
    25日中盤のインド株式市場の株価は小幅安。世界的に地合いが悪化する中、利食い
売りが出た。
    米国債利回り上昇、米主要企業によるコスト上昇の警告を受け、企業利益の伸びが近
くピークに達するとの懸念が浮上する中、アジア株は軟調な値動きを示した。
    0542GMT(日本時間午後2時42分)時点で、NSE指数 (ナショナ
ル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.24%安の1万0589.20、SEN
SEX指数        (BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.
18%安の3万4555.95。
    NSE、SENSEX両指数は月初来、前日引け時点で14営業日上昇し、約5%高
となっていた。
    SMCグローバル・セキュリティーズの調査担当者は「世界的な状況を受けて投資家
が神経質になっており、利食い売りが出ている」と指摘した。
    金融株が下落。HDFC銀行、ICICI銀行が指数を押し下げ
ている。
    ニフティ金属株指数は1%安。同指数は世界の金属価格上昇を受け、過
去1カ月で7.8%上昇している。
    ベダンタ、ヒンダルコ・インダストリーズはそれぞれ1.5%超
安。
    一方、ニフティIT株指数は1.6%高。ルピー安を追い風にIT関連の
輸出業者の株が値を上げた。 
    通信大手バーティ・エアテルは5%超高。市場予想を上回る内容の四半期
決算などが好感された。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below