Reuters logo
インド株式市場・中盤=小幅安、最高値更新後に値を消す
2017年9月19日 / 08:01 / 1ヶ月前

インド株式市場・中盤=小幅安、最高値更新後に値を消す

    [19日 ロイター] - 
 インド            日本時間16時23     前日比      %         始値
                   分                                 
 SENSEX指数        32,415.09    - 8.67  - 0.03    32,522.44
                                                      
 前営業日終値            32,423.76                               
                   日本時間16時39     前日比      %         始値
                   分                                 
 NSE指数<.NSEI        10,145.90    - 7.20  - 0.07    10,175.60
 >                                                    
 前営業日終値            10,153.10                               
 
    19日中盤のインド株式市場の株価は小幅安。NSE指数(ナショナル証券取引所に
上場する50銘柄で構成)は最高値を更新したが、その後値を消した。たばこ最大手IT
Cなどの大型株が指数を押し下げた。
    市場関係者は米国の金融引き締めペースに関する新たな手掛かりを得ようと、今週発
表される米連邦公開市場委員会(FOMC)声明を待っている。
    MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)は約0.2%安。
    前日のNSE指数は最高値を更新しており、ウィリアム・オニール・インディアの調
査部門の責任者によると「きょうはいくらか利食い売りが出ている」という。
    0555GMT(日本時間午後2時55分)時点で、NSE指数は0.05%安の1
万0148.30。一時は1万0178.95と過去最高値を付けた。一方でSENSE
X指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.01%安の3万2420
.77。
    ITCは1%安。複合企業リライアンス・インダストリーズは0.8%安
まで下げた。
    アラハバード銀行とアンドラ銀行は1%超安。ニフティ銀行株指
数は一時1.1%安。
    一方で、自動車大手のタタ・モーターズは一時4.9%高と、NSE指数
構成銘柄の中で最も上げ幅が大きい。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below