April 8, 2019 / 7:20 AM / 15 days ago

インド株式市場・中盤=小幅安、決算期控え様子見

    [8日 ロイター] - 
 インド                 日本時間15時51     前日比      %          始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE       38,768.02    - 94.21  - 0.24     38,993.60
 SN>                                                       
 前営業日終値                38,862.23                                 
                        日本時間15時50     前日比      %          始値
                        分                                 
 NSE指数                  11,622.80    - 43.15  - 0.37     11,704.35
 前営業日終値                11,665.95                                 
 
    中盤のインド株式市場は小幅安。エネルギー株の下げが重しとなる一方、今週から始
まる決算シーズンを前に手控えムードが広がった。
    3月の米雇用統計で非農業部門の就業者数の伸びが市場予想を上回ったことを受け、
世界的に地合いは改善している。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0622
GMT(日本時間午後3時22分)時点で、0.29%安の1万1631.75。SEN
SEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は0.
19%安の3万8788.1。
    ソフトウエア・サービス大手インフォシスとタタ・コンサルタンシー・サ
ービシズ(TCS)の12日の決算発表を皮切りに、決算シーズンが本格化する
。
    アルタマウント・キャピタルの株式助言部門の共同責任者クリシュ・スブラマンヤム
氏は「市場はやや方向感が見えづらく、今週は投資家が利益確定売りに向かう可能性があ
る」と述べた。
    NIITテクノロジーズは2.8%安。投資会社ベアリング・プライベー
ト・エクイティ・アジアは、NIIT株式の30%を262億7000万ルピー(3億7
812万ドル)で取得することでNIITと合意した。
    バーラト・ペトロリアムとインディアン・オイルがそれぞれ1.
7%安、1.3%安となり、NSE指数の下げを主導した。 
    一方、パワー・グリッド・コーポレーション・オブ・インディアは2%高
、NTPCは0.7%高。インフォシスとTCSはともに0.4%高。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below