December 24, 2018 / 8:03 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=小幅続落、世界的な成長減速を嫌気

    [24日 ロイター] - 
    
 インド           日本時間18時45分   前日比      %         始値
 SENSEX指          35,714.68  - 27.39  - 0.08    35,859.66
 数                                                  
 前営業日終値            35,742.07                              
                  日本時間18時45分   前日比      %         始値
 NSE指数<.NSE         10,742.45  - 11.55  - 0.11    10,780.90
 I>                                                  
 前営業日終値            10,754.00                              
 
    24日中盤のインド株式市場の株価は幅広いアジア株安につれて小幅続落。米政治の
不透明感に加え、世界的な経済成長の減速を受けて投資家のリスク選好意欲が鈍った。
    マルバニー米行政管理予算局(OMB)長官は23日、政府機関の一部閉鎖について
来年1月まで続く可能性があるとの見解を示した。また、関係筋はロイターに対して、ト
ランプ大統領が米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の解任を内々で議論したと明
らかにした。
    MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は0.5%下落し、7週
間ぶりの安値を付けた。
    インドの物品サービス税(GST)評議会は、テレビやバッテリー、映画の鑑賞券を
含む一部商品のGSTの税率を引き下げることで合意した。
    複合映画館運営のINOXレジャーは一時4.12%高、アマラ・ラジャ
・バッテリーズは1.3%高。
    エララ証券のマネジングディレクター、ハレンドラ・クマール氏は「GST(の引き
下げ)はプラス材料となったが、現在の相場は不安定だ」と指摘。「さまざまな世界の動
向が不安定要因となっているが、それが解消されれば、市場は回復基調に転じると予想し
ている」と述べた。
    0538GMT(日本時間午後2時38分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取
引所に上場する50銘柄で構成)は前営業日終値比0.14%安の1万0738.65。
SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.0
5%安の3万5723.66。
    JSWスチールは3.8%安、ヒーロー・モトコープは3.55
%安。
    金融株も軟調で、HDFC銀行は1.3%安。
    一方、IT株のインフォシスは1.1%高。タタ・コンサルタンシー<TCS.
NS>は1.4%高。ニフティIT株指数は0.5%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below