July 12, 2017 / 8:19 AM / 6 months ago

インド株式市場・中盤=小幅高、エネルギー株主導 インフレ指標待ち

    [12日 ロイター] - 
 インド               日本時間16時43      前日比       %        始値
                      分                                   
 SENSEX指数<.B        31,753.86     + 6.77   + 0.02   31,813.24
 SESN>                                                     
 前営業日終値               31,747.09                                
                      日本時間16時58      前日比       %        始値
                      分                                   
 NSE指数                  9,800.10    + 14.05   + 0.14    9,807.30
 前営業日終値                9,786.05                                
 
    12日中盤のインド株式市場の株価は小幅高で推移している。原油相場高を背景にエ
ネルギー株が上伸した。ただ消費者物価指数(CPI)統計の発表を控え投資家が慎重姿
勢に転じ、上値は重い。
    ロイター通信のエコノミスト調査によると、6月のCPIは過去最低の1.70%と
、5月の2.18%からさらに低下すると予想されている。
    13日のタタ・コンサルタンシー・サービシズ、14日のインフォシス<INF
Y.NS> などの企業決算も注目されている。
    アナリストらはインド株が高くなりすぎていると考えており、前日までの2日間で主
要2株価指数がそれぞれ史上最高値を付けたことで、調整局面に入る可能性を警告する。
    
    IDBIキャピタルの調査責任者AKプラバカー氏は「もしNSE指数がきょう98
30ポイントを超えなければ、今週中に150─250ポイント程度の調整が見られる可
能性がある」と予想した上で「4─6月期決算のため地合いは盛り上がりに欠けていると
考える」と述べた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成) は0616
GMT(現地時間午前11時46分、日本時間午後3時16分)時点で0.10%高の9
795.5。SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)<.BSES
N> は0.02%高の3万1753.17。
    複合企業リライアンス・インダストリーズ は2%高、石油・天然ガス公社
(ONGC) は最大3.5%高。アルコール飲料の販売禁止措置を巡り、裁判
所がその適用範囲を明確にしたことを受けて、酒造株が上昇。ソム・ディスティラリー<S
DB.NS>、グローバス・スピリット、ティラックナガー・インダストリーズ<TILK
.NS> の株価は2.7─13.8%上昇した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below