November 19, 2018 / 9:24 AM / 2 months ago

インド株式市場・中盤=小幅高、中銀の会合結果待ち

    [19日 ロイター] - 
 インド                 日本時間17時50       前日比         %          始値
                        分                                      
 SENSEX指数<.BSE       35,714.35     + 257.19     + 0.73     35,647.62
 SN>                                                            
 前営業日終値                35,457.16                                      
                        日本時間17時51       前日比         %          始値
                        分                                      
 NSE指数                  10,741.80      + 59.60     + 0.56     10,731.25
 前営業日終値                10,682.20                                      
 
    中盤のインド株式市場は小幅高。インド準備銀行(中央銀行)が同
日、流動性や銀行貸出規則、剰余金の国庫納付などの問題を協議する会
合を開いている。
  中銀の会合は、同国政府との意見対立が表沙汰になって以降初めて
。政府は中銀に対し、銀行の貸し出しや資本に関する規則の緩和、ノン
バンクへの資金供給拡大、中銀剰余金の国庫納付拡大などを強く求めて
いる。
  0637GMT(日本時間午後3時37分)時点で、NSE指数(
ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.26
%高の1万0710.45。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券
取引所=に上場する30銘柄で構成)        は0.35%高の3万5
581.42。
  SMCグローバル・セキュリティーズで調査を担当するサウラブ・
ジェイン氏は、中銀の会合結果で主に注目されるのは、ノンバンクの流
動性問題で対応策が打ち出されるかだと指摘。また、「原油相場の安定
に加え、機関投資家が売りから買いに転じたことで上昇している」と述
べた。
  不動産と金属株は上昇、ニフティー不動産指数は1.8%高、ニフ
ティー金属指数は1.3%高。
  ヒンダルコ・インダストリーズは一時3.2%高、資源大
手ベダンタは一時2.9%高。オベロイ・リアルティ<OEBO.N
S>は一時6%高となった。
  イエス銀行は一時7.1%高。上昇率はNSE指数構成銘
柄でトップで、約3週間ぶりの大きさとなった。
  タタ・インベストメントは自社株買いを承認したことを受
け、7.9%高。6月20日以来の高値を付けた。
  ジェット・エアウェイズ・インディアは12.5%安。同
社をめぐっては、タタ・サンズ          が16日、予備的な協議を行
っているが、出資に向けた提案はしていないと述べた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below