April 24, 2019 / 8:49 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=小幅高、石油株が高い

    [24日 ロイター] - 
 インド                 日本時間17時20    前日比       %        始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE       38,620.97   + 56.09   + 0.15   38,672.63
 SN>                                                       
 前営業日終値                38,564.88                               
                        日本時間17時19    前日比       %        始値
                        分                                 
 NSE指数                  11,601.10   + 25.15   + 0.22   11,601.50
 前営業日終値                11,575.95                               
 
    24日中盤のインド株式市場は比較的小幅な上昇となっている。エ
ネルギー株と金融株が上昇を主導した。不安定な原油相場やインド総選
挙結果をめぐる不透明感で投資家心理は低調なままで、株価の上値は抑
えられた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)<.
NSEI>は0637GMT(現地時間午後0時07分、日本時間午後3時
37分)時点で0.26%高の1万1605.85。SENSEX指数
(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        
は0.25%高の3万8659.83。
    NSEの出来高は引き続き低調で、昼の時点で約1億4500万株
。過去30日間の1日平均は約3億4000万株。
    今週に年初来高値を付けた原油相場が下落する中、インディアン・
オイル・コープやインド石油・天然ガス公社(ONGC)<ONG
C.NS>といった石油株は上伸。ブレント原油先物価格は0635
GMT時点で1バレル=74.21ドルと、前日終値比0.30ドル安
。3月以降、12.8%上昇している。
    インドは世界の3大石油輸入国の一角で、米国が今週制裁の適用除
外の終了を発表したイランの石油を中国に次いで多く輸入している。
    ONGCは最大4.1%上伸し、NSE指数構成銘柄で上昇率トッ
プ。リライアンス・インダストリーズは1.2%高。
    SMCグローバル・セキュリティーズのサウラブ・ジェイン氏は「
市場参加者は選挙をめぐる不透明感と原油価格のため、今は慎重になっ
ている」と述べた。総選挙は5月19日までの1カ月にわたり行われて
いる。
    IT株がルピー安を背景に上伸。インフォシスは0.8
%高、タタ・コンサルタンシー・サービシズは1%近く上げた
。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below