April 26, 2018 / 7:07 AM / 25 days ago

インド株式市場・中盤=小幅高

    [26日 ロイター] -    
 インド                 日本時間15時45   前日比       %           始値
                        分                                
 SENSEX指数<.BSE       34,547.25  + 45.98   + 0.13      34,532.95
 SN>                                                      
 前営業日終値                34,501.27                                 
                        日本時間16時1    前日比       %           始値
                        分                                
 NSE指数                  10,570.05   - 0.50     0.00      10,586.50
 前営業日終値                10,570.55                                 
 
    中盤のインド株式市場は小幅高。デリバティブ(金融派生商品)の納会を控え、地合
いは低調となっている。アクシス銀行やイエス銀行の1─3月期決算
の発表が待たれている。
    0553GMT(日本時間午後2時53分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取
引所に上場する50銘柄で構成)は0.13%高の1万0584.75、SEN
SEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は0.
24%高の3万4585.31。
    10年物米国債利回りは25日、3.035%と4年ぶりの高水準を更新した。原油
相場高を受けたインフレ圧力や国債増発をめぐる懸念が背景。だが、堅調な企業決算でこ
うした懸念が抑えられ、アジア株は上伸した。
    ウィプロは4.6%安と、下落率は昨年9月14日以来の大きさを記録。
NSE指数を大きく押し下げた。同社の第4・四半期利益は市場予想を下回り、第1・四
半期見通しは投資家を満足させる内容とはならなかった。
    アクシス銀行は1.2%安。アナリストの間で減益が見込まれた。イエス銀行は増益
が予想される中、0.3%高。 
    マヒンドラ・アンド・マヒンドラ・フィナンシャル・サービシズは5%超
上伸し、過去最高値を付けた。同社の第4・四半期利益は急増した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below