Reuters logo
インド株式市場・中盤=横ばい、リライアンスが過去最高値
2017年9月20日 / 08:53 / 1ヶ月前

インド株式市場・中盤=横ばい、リライアンスが過去最高値

    [20日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間17時3     前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       32,391.52   - 10.85   - 0.03  32,467.10
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            32,402.37                              
                    日本時間17時19    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,148.30    + 0.75   + 0.01  10,160.95
 前営業日終値            10,147.55                              
 
    20日中盤のインド株式市場の株価は横ばい。複合企業リライアンス・インダストリ
ーズが最高値を更新した。携帯電話の通話料変更が、同社通信部門に追い風に
なると好感された。
    インド通信当局は、通話発信側の携帯電話会社が受信側の他社に支払っている通話料
金の上乗せ分について、従来の半分以上に引き下げることを決定。これにより、バーティ
ー・エアテルなど受信が多い大手通信会社は打撃を受ける可能性がある。
    しかしモルガン・スタンレーの分析によると、リライアンスの通信子会社リライアン
ス・ジオは発信が多いため、料金引き下げで恩恵を受けるという。
    リライアンスは4%高と過去最高値を更新。バーティ・エアテルは6%安。イデア・
セルラーは7.5%安。携帯電話大手リライアンス・コミュニケーションズ<RL
CM.NS>は4%安。
    
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は日本
時間17時6分時点で8.57ポイント(0.03%)安の32393.80。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は日本時間
17時22分時点で0.70ポイント(0.01%)高の10148.25。
    
    アニハント・キャピタルのアニタ・ガンディー氏は「これまでの上昇を受けて、市場
は全体的に疲労感を示している。企業の9月期決算が出るまで、調整が続く見通しだ」と
述べた。
    インド石油・天然ガス公社(ONGC)は3%高と3カ月ぶり高値を付け
た。ロイターが、同社が約2000万トンの石油とガスを発見したと報じた。
    ICICI銀行とバーラト・ペトロリアム(BPCL)といった
株で利益確定売りが行われたことで、上昇幅は抑えられた。
    ICICI銀行は1.2%安。BPCLは2.8%安。BPCLは2営業日続伸して
いた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below