Reuters logo
インド株式市場・中盤=横ばい、貸倒引当金めぐる懸念続く
June 28, 2017 / 7:48 AM / 7 months ago

インド株式市場・中盤=横ばい、貸倒引当金めぐる懸念続く

    [28日 ロイター] - 
 インド         日本時間16    前日比        %        始値
                時26分                          
 SENSEX    30,890.46   - 67.79    - 0.22   30,988.87
 指数                                           
 前営業日終値    30,958.25                                
                日本時間16    前日比        %        始値
                時42分                          
 NSE指数<.N    9,489.45   - 21.95    - 0.23    9,520.20
 SEI>                                           
 前営業日終値     9,511.40                                
 
    中盤のインド株式市場はほぼ横ばい。貸倒引当金の積み増しをめぐる懸念で銀行株が
引き続き値を下げている。また、最近に過去最高値を更新したことで株価が過大評価され
ているとの見方が広がり、リスク資産への投資意欲をそいでいる。
    ニフティPSU銀行指数は1.7%下落し、3カ月ぶり安値を付けた。
前日には、インド準備銀行(中央銀行)が、市中銀行に対し、破産手続きに入った社への
融資について、貸倒引当金を増額するよう指示したことが報じられた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は、年初来
で16.2%上昇。今月6日に最高値を更新した。
    0618GMT時点では、同指数は0.01%高の9512.40。SENSEX指
数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.05%安の3万09
43.24。
    インドステイト銀行は2.1%安。前日にも3.2%下落した。
    複合企業リライアンス・インダストリーズは2.5%安と、3カ月ぶりの
大幅な下落。同社株は前日引け時点で、年初から32.8%上げていた。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below