December 28, 2017 / 8:41 AM / 23 days ago

インド株式市場・中盤=横ばい

    [28日 ロイター] - 
 
 インド       日本時間1   前日    %    始値
              7時14分       比        
 SENSE   33,913.51  + 1.7  + 0.  33,928
 X指数<.BSE                 0    01     .86
 SN>                                  
 前営業日終   33,911.81                     
 値                                   
              日本時間1   前日    %    始値
              7時29分       比        
 NSE指数<  10,512.10  + 21.  + 0.  10,498
 .NSEI>                     35    20     .20
 前営業日終   10,490.75                     
 値                                   
 
    28日中盤のインド株式市場の株価は、デリバティブ(金融派生商品)の満期を控え
、ほぼ横ばいで推移。政府借り入れが目標を超えてしまうことへの懸念が残る一方、ベダ
ンタなどの金属株が世界的なコモディティー(商品)相場につれ高となってい
る。
    インド財務省は27日、会計年度末の来年3月までに、想定を上回る5000億ルピ
ー(約77億9000万ドル)を借り入れると発表した。
    市場には先物・オプションのこの日の満期を前にした警戒感もある。
    リライアンス・セキュリティーズの調査責任者、ラケシュ・ターウェイ氏は「先物と
オプションが満期を迎えることがレンジ取引の一因。年末ということもあり、出来高は低
調だ」と指摘。「政府による財政赤字目標の未達リスクは、ほぼ織り込まれているとみて
いる」と述べた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は0635
GMT時点で、0.06%高の1万0496.60。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は、0.02%高の3万3919.37。
    ベダンタは一時2.7%高。3営業日続伸となる見通し。ヒンダルコ・インダストリ
ーズは一時4.9%上昇し、最高値を更新した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below