August 7, 2018 / 8:40 AM / 12 days ago

インド株式市場・中盤=横ばい

    [7日 ロイター] - 
 インド                   日本時間17時11    前日比       %       始値
                          分                                 
 SENSEX指数<.BSESN       37,728.20   + 36.31   + 0.10  37,849.21
 >                                                           
 前営業日終値                  37,691.89                              
                          日本時間17時26    前日比       %       始値
                          分                                 
 NSE指数                    11,384.20    - 2.90   - 0.03  11,423.15
 前営業日終値                  11,387.10                              
    中盤のインド株式市場は横ばい。一時は過去最高値を更新した。一般消費財株が上伸
した一方、エネルギー株やヘルスケア株が値を下げた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)とSENSEX指数
(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は7月、それぞれ約6%上
昇。最高値更新が続いており、アナリストは買われ過ぎとみている。
    前日売り込まれた中国株が値を戻し、アジア株を押し上げた。米中貿易摩擦の激化に
対する投資家の懸念が後退する一方、堅調な企業決算を好感した前日の米国株高も支援材
料となった。
    0700GMT(日本時間午後4時)時点でNSE指数は0.01%安の1万138
6、SENSEX指数は0.04%安の3万7675.02。
    アダニ・ポーツ・スペシャル・エコノミック・ゾーンは5.2%安と、下
落率が3月7日以来の大きさを記録した。同社が前日発表した四半期決算は9%減益とな
った。
    ニフティ・エネルギー指数は0.8%安で、3日以来の安値を記録。リ
ライアンス・インダストリーズは1.3%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below