Reuters logo
インド株式市場・中盤=続伸、バーティー・エアテル急伸
2017年10月13日 / 08:09 / 7日前

インド株式市場・中盤=続伸、バーティー・エアテル急伸

    [13日 ロイター] - 
    
 インド            日本時間16時4    前日比      %      始値
                   7分                              
 SENSEX指数      32,438.72  + 256.50  + 0.80  32,247.7
                                                           4
 前営業日終値          32,182.22                            
                   日本時間16時4    前日比      %      始値
                   7分                              
 NSE指数<.NSEI      10,171.70   + 75.30  + 0.75  10,123.7
 >                                                         0
 前営業日終値          10,096.40                            
 
    
    13日午前のインド株式市場の株価は続伸。きょう発表されたインフレ率が上昇の予
想に反して横ばいとなり、中央銀行(RBI)の金利政策姿勢のタカ派度合いが減るとの
期待が高まったことが背景。
  12日に発表された9月のインド消費者物価指数(CPI)上昇率は前
年同月比3.28%と、8月並みの水準で、予想(3.60%)を下回った。
  アナリストらはインド中銀が向こう数カ月間は政策金利を据え置くと依然考えている
が、インフレ横ばいの兆候が今後も見られれば利下げの可能性が高まると予想する。
  通信大手バーティー・エアテル の値上がりが株価全般を押し上げた。バー
ティーがタタ・グループの携帯電話会社タタ・テレサービシズを取得するとの発表が好感
された。リライアンス・インダストリーズは決算発表を控え値上がりした。
  ノムラはメモで「RBIは75%の確率で政策金利を据え置くと予想する。ただ、マ
クロ経済指標が予想を下回る可能性を踏まえ、利下げの確率を25%と見る」と述べた。
  NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は0531G
MT(現地時間午前11時01分、日本時間午後2時31分)時点で0.64%高の1万
0161.75。SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)<.
BSESN>は0.74%高の3万2419。
  バーティー・エアテルは最大8.1%上げ、8月29日以来の高値を付けた。NSE
とSENSEXの両指数の構成銘柄で上昇率トップだった。タタ・テレサービシズ<TTML.
NS>は9.1%急伸した。
  上向きな内容の第2四半期決算を受け、タタ・コンサルタンシー・サービシズ<TCS.NS
>は6月7日以来の高値を付けた。
  複合企業リライアンス・インダストリーズは7─9月期決算を控え最大2.1%上昇
し、上場来高値を記録した。中核の石油化学事業の増益が予想されている。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below