May 30, 2018 / 9:21 AM / 5 months ago

インド株式市場・中盤=続落、アジア市場安に追随

    [30日 ロイター] - 
 インド                              終値      前日比        %         始値         高値         安値
 SENSEX指数<.BSES          34,806.01    - 143.23    - 0.41    34,876.13    35,017.45    34,735.11
 N>                                                                                         
 前営業日終値                    34,949.24                                                             
 NSE指数                      10,613.30     - 20.00    - 0.19    10,579.00    10,648.70    10,558.45
 前営業日終値                    10,633.30                                                             
 
    30日中盤のインド株式市場の株価は続落。イタリアの政局不安を受け、投資家らが
株式などリスク資産の持ち高を減らした他のアジア市場の動向に追随した。ICICI銀
行といった金融株が総合指数を圧迫した。
    0646GMT(日本時間午後3時46分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取
引所に上場する50銘柄で構成)は前日終値比0.38%安の1万0592.40。SE
NSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.37%
安の3万4821.65。
    クォンタム・セキュリティーズのディレクター、ニーラジ・デュワン氏は、「イタリ
アの政治情勢による世界市場の下落が波及した。原油安とルピア高で、国内的な状況は改
善した。しかし世界的には、欧州を巡る不透明感が根強い」と述べた。
    金融株は下落。大型株の住宅金融大手ハウジング・デベロップメント・ファイナンス
(HDFC)は0.9%安、ICICIは1.6%安。
    製油・燃料小売り各社も安い。国内市場への影響力が強い国営インディアン・オイル
(IOC)がガソリン、ディーゼル価格の引き下げを発表したことが響いた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below