February 28, 2018 / 9:08 AM / 6 months ago

インド株式市場・中盤=続落、アジア株安に追随 銀行株が重し

    [28日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間17時27    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       34,131.18  - 215.21   - 0.63  34,155.63
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            34,346.39                              
                    日本時間17時42    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,490.95   - 63.35   - 0.60  10,488.95
 前営業日終値            10,554.30                              
 
    28日午前のインド株式市場の株価は続落。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議
長が議会証言で、利上げペース加速の可能性を示唆したことを受け、下落したアジア株に
つれた。また、国有銀行を巡る不透明感も株価下落に拍車を掛けた。
  MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は1.06%安。
  パンジャブ・ナショナル銀行(PNB)で総額約20億ドルの不正取引が発
覚したことを受け、インド財務省は国有銀行各行に対し、15日以内に営業・技術的リス
クの監督体制の改善措置を取るよう命じた。国有銀を巡る不安感がインド株安に影響して
いる。
  財務省はまた各行に対し、5億ルピー(約768万ドル)超の不良債権について、不
正がないか調べるよう命じた。
  コタック・セキュリティーズの幹部は「短期的には、これら財務省の指示が市場にパ
ニックをもたらす可能性がある」と指摘。ただ、「5億ルピー超の不良債権は多数あり、
今はそれが問題になるかもしれないが、長期的には間違いなく良い措置だ」と述べた。
  きょう発表の10─12月期国内総生産(GDP)など、今週出る主要な国内経済指
標も注目されている。
  NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0604GMT(
日本時間午後3時04分)時点で0.52%安の1万0499.75、SENSEX指数
(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.48%安の3万41
80.61。
  ニフティPSU銀行株指数は一時2.7%下げた後で幾分回復。パンジャ
ブ・ナショナル銀が一時6.46%安、インド銀行も一時5.4%急落した。
  タタ・モーターズは1.4%安。
  一方、IT株は幾分上昇し、インフォシスは一時1.6%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below