August 31, 2018 / 7:31 AM / 23 days ago

インド株式市場・中盤=貿易摩擦懸念で下落、金融株が安い

    [ 31日 ロイター] - 
 インド             日本時間15時59    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       38,607.88   - 82.22   - 0.21  38,704.84
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            38,690.10                              
                    日本時間16時15    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              11,653.65   - 23.15   - 0.20  11,675.85
 前営業日終値            11,676.80                              
    中盤のインド株式市場は下落。トランプ米大統領が中国からの輸入
品に新たに貿易制裁関税を発動する準備を進めているとの報道を受けて
世界の市場心理が圧迫され、インド市場もこれに追随した。加えて金融
株の下落が、ハイテク株やヘルスケア株の上昇を相殺する形となった。
    トランプ大統領による貿易戦争の脅しがアジア株を新たに圧迫。中
国株も値下がりした。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)、
SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄
で構成)とも軟調だが、週間では6週続伸となる見込み。
   アナンド・ラティのシッダルタ・セダニ氏は「インド市場もやや低
迷している。幾つかのセクター主導で上昇しようとしているが、全般的
には、世界のシナリオによって、大半の株価は下げている」と語った。
    IT会社のHCLテクノロジーズは一時3.7%上昇し
、NSE指数で上昇率トップ。製薬のドクター・レディーズ・ラボラト
リーズは2.2%高。
    セダニ氏は「インド・ルピーの下落がヘルスケア、IT株の上昇を
主導している」と述べた。
    ルピーはこの日の寄り付きで対ドルで史上最安値を記録。米中貿易
摩擦で投資家のリスク選好意欲が低下し、ドルが上昇する中、ほぼ全面
安となった他のアジア通貨に追随した。
    インドの携帯電話会社アイデア・セルラーは一時6.1
%急伸。同社は会社法審判所の承認を得て、英同業ボーダフォンのイン
ド法人との合併を完了した。
    イエス銀行は一時3.8%下落し、5月11日以来の安値を付けた
。ラナ・カプア・マネジングディレクター兼最高経営責任者(CEO)
の職務継続をめぐる不透明感が嫌気された。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below