July 27, 2018 / 9:22 AM / 5 months ago

インド株式市場・中盤=連日の過去最高値、ITCが主導

    [27日 ロイター] - 
 インド               日本時間17時57      前日比       %        始値
                      分                                   
 SENSEX指数<.B        37,294.78   + 310.14   + 0.84   37,253.86
 SESN>                                                     
 前営業日終値               36,984.64                                
                      日本時間17時57      前日比       %        始値
                      分                                   
 NSE指数                 11,261.30    + 94.00   + 0.84   11,232.75
 前営業日終値               11,167.30                                
 
    
  27日中盤のインド株式市場は続伸。大型株でたばこ最大手ITCを含む企業の好調な四半期
決算が支援材料となり、SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)と、
NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は取引時間中の過去最高値を更新した。
    ITCは前日発表した4─6月期決算が市場予想を上回る内容となったことから1年ぶり高値を付け、
NSE指数の上昇分の約4分の1に寄与した。
    ニフティPSU銀行株指数は1.4%高。過去3営業日で7.9%上昇した。各金融機関
が不良債権をより迅速に処理するための制度への申請を行ったことが好感された。
    今後の市場の関心は、8月1日に開催されるインド準備銀行(RBI)の金融政策決定会合に移る。
    NSE指数は0644GMT(日本時間午後3時44分)時点で、0.71%高の1万1247.35
。2日連続で取引時間中の過去最高値を更新した。SENSEX指数は0.82%高の3万7285.04
と4日連続で最高値を更新。
    複合企業リライアンス・インダストリーズもNSE指数の上昇に大きく寄与した。
    通信大手バーティ・エアテルは、予想外に堅調な第1・四半期決算を受けて3週間ぶり高値
を付けた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below