Reuters logo
インド株式市場・中盤=過去最高値、銀行や自動車株が高い
2017年6月22日 / 08:04 / 5ヶ月後

インド株式市場・中盤=過去最高値、銀行や自動車株が高い

    [22日 ロイター] -    
 インド                   日本時間16時25分         前日比         %          始値
 SENSEX指数<.BSESN           31,453.20     + 169.56     + 0.54     31,351.53
 >                                                                    
 前営業日終値                      31,283.64                                      
                          日本時間16時41分         前日比         %          始値
 NSE指数                         9,679.55      + 45.95     + 0.48      9,642.65
 前営業日終値                       9,633.60                                      
    
    中盤のインド株式市場では、SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30
銘柄で構成)        が過去最高値を更新した。資本市場監督当局が投資誘致促進と銀行
の不良債権対策を発表、地合いが改善された。
    0606GMT(日本時間午後3時6分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取引
所に上場する50銘柄で構成)は0.65%高の9696.35。SENSEX
指数は0.76%高の3万1519.97。一時、過去最高値となる3万1522.87
を付けた。
    前日明らかにされたインド準備銀行(中央銀行)の金融政策委員会の議事録は、イン
フレ目標を下回る物価上昇率を歓迎しており、さほどタカ派の内容とはならなかった。だ
が、利下げを判断する前に、こうしたインフレ傾向が持続するという、さらなる確証を望
んでいると表明した。
    銀行株が両株価指数を押し上げ、ニフティ銀行株指数は0.8%上昇し、
過去最高値を付けた。
    イエス銀行、フェデラル銀行は2%超高。IDFCは3
.5%高と、上昇率は1カ月超ぶりの大きさを記録した。
    自動車株も値を上げ、ニフティ自動車株指数は0.9%高と、上昇率は
約2週間ぶりの大きさとなった。
    マルチ・スズキ、タタ・モーターズは1%超高。
    エネルギー株は下落。GAILは3%安、インド石油ガス公社(ONGC
)は1.6%安。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below