December 17, 2018 / 7:44 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=金融株主導で上伸

    [17日 ロイター] - 
 インド                  日本時間16時9     前日比       %       始値
                         分                                 
 SENSEX指数<.BSES       36,201.89  + 238.96   + 0.66  36,129.13
 N>                                                         
 前営業日終値                 35,962.93                              
                         日本時間16時9     前日比       %       始値
                         分                                 
 NSE指数                   10,861.75   + 56.30   + 0.52  10,853.20
 前営業日終値                 10,805.45                              
 
    17日中盤のインド株式市場の株価は上伸。前週の相場高の流れを引き継ぐ中、金融
株主導で幅広い業界の銘柄が買われた。
    0610GMT(日本時間午後3時10分)時点でNSE指数(ナショナル証券取引
所に上場する50銘柄で構成)は前営業日終値比0.55%高の1万0864.
95。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.
BSESN>は0.70%高の3万6214.98。
    両指数とも上げを維持すれば5営業日続伸となる見通し。先週は州議会選挙の結果や
インド中銀の総裁指名が好感された。
    前週末に発表された公式統計によると、11月のインドの貿易赤字は金輸入の減少を
理由に縮小した。
    ゲオジット・フィナンシャル・サービシズの調査責任者、ビノド・ナイア氏は「米連
邦公開市場委員会(FOMC)や英国の欧州連合(EU)離脱などの世界的なイベントを
理由に、目先は不安定な値動きを示すに違いない」と指摘した。
    電力会社NTPCは5.5%高。ジェフリーズはNTPCが規制面の動き
から恩恵を受けると指摘した。
    ベダンタは5.8%高。ハウジング・デベロップメント・ファイナンス(
HDFC)とHDFC銀行は大幅高となった。タタ・モーターズ<TAM
O.NS>は3.7%高と、NSE指数構成銘柄では最大の上昇率を記録した。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below