August 6, 2018 / 9:14 AM / 4 months ago

インド株式市場・中盤=金融株主導で続伸、海外株高が支援

    [6日 ロイター] - 
 インド             日本時間17時45    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       37,734.85  + 178.69   + 0.48  37,714.70
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            37,556.16                              
                    日本時間18時0     前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              11,398.55   + 37.75   + 0.33  11,401.50
 前営業日終値            11,360.80                              
    中盤のインド株式市場は続伸。海外株高を背景に金融株が引き続き上昇した。きょう
上場した投資運用会社HDFCアセットマネジメントは67%急騰した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0550GMT(
現地時間午前11時20分、日本時間午後2時50分)時点で0.42%高の1万140
9.00。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成
)は0.5%高の3万7744.58。
    6日のアジア株は上伸し、MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は0.33%高
。中国当局が人民元の急落と資本流出に歯止めをかける措置を講じたことがアジア市場の
地合いを支えた。ただ米中貿易摩擦激化への懸念が上値を抑えている。
    一方、インド市場では、モンスーン終盤も平年並みの降雨予報が発表されたこと受け
た、先週末からの買い優勢の展開が継続。
    インドでは農地の半分近くにかんがい設備がなく、作物の栽培に降雨を必要とする。
農業や貯水池などに必要な水を得る雨の7割近くは、南西部のモンスーン(6ー9月)が
もたらしている。
    レリガール・ブローキングのリテール担当プレジデント、ジャヤント・マングリック
氏は「インド市場は世界の地合いに追随している。最新のモンスーン降雨予報が地合いを
支えており、向こう数週間も引き続き重要な材料であり続けるだろう」と語った
    二輪車メーカーのヒーロー・モトコープとスズキの子会社マルチ・スズキ<
MRTI.NS>がそれぞれ1%余り上昇した。。
    ニフティPSU銀行株指数は一時2.3%上昇し、2月15日以来の高
値を付けた。国有インドステイト銀行は序盤に2.2%上伸した。
    民間銀行ではICICI銀行が2.9%上昇したほか、アクシス銀行<AXBK
.NS>は3.3%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below