Reuters logo
インド株式市場・中盤=6日続落、北朝鮮情勢緊迫化
2017年9月26日 / 09:08 / 1ヶ月後

インド株式市場・中盤=6日続落、北朝鮮情勢緊迫化

    [26日 ロイター] - 
 インド             日本時間17時34    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       31,603.93   - 22.70   - 0.07  31,685.81
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            31,626.63                              
                    日本時間17時50    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数               9,875.60    + 3.00   + 0.03   9,875.25
 前営業日終値             9,872.60                              
    
    26日中盤のインド株式市場の株価は他のアジア市場の下落に追随
し、6営業日続落に向かっている。緊迫した状態が続く北朝鮮情勢を背
景に、投資家が安全資産買いに傾いた。
    アジアの株式市場は総じて下落。MSCIアジア太平洋株指数(日
本を除く) は最大0.7%下げ、約3週間ぶり安値。
    投資家は米連邦準備制度理事会(FRB)が予定通り12月に追加
利上げに踏み切るかどうかの手掛かりを求め、今夜のイエレンFRB議
長の講演を待っている。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で
構成)は0544GMT(現地時間午前11時14分、日本時間午後2
時44分)時点で0.44%安の9828.85。先週は史上最高値を
付けた。
    テクニカル分析では、NSE指数は8月11日の安値から9月19
日の高値までの短期上昇局面のフィボナッチ61.8%戻し水準を維持
できないことが示唆されている。このためNSE指数はさらに調整が続
く可能性がある。
    SENSEX指数         (ムンバイ証券取引所に上場する30
銘柄で構成)は0.41%安の3万1498.54。
    金融株が引き続き株価全般の重しとなり、ニフティ金融サービス指
数 は0.56%安。
    主要株のHDFC銀行 は6営業日連続、ハウジング・デ
ベロップメント・ファイナンス は3営業日連続で下落してい
る。 
    石油精製のバーラト・ペトロリアム(BPCL) は4.
2%安、ヒンドゥスタン・ユニリーバ は3.2%安と、NS
E指数構成銘柄で下落率上位。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below