April 13, 2018 / 7:03 AM / 9 days ago

インド株式市場・中盤=7日続伸、主力銘柄が高い

    [13日 ロイター] -    
 インド                 日本時間15時41    前日比      %       始値
                        分                                
 SENSEX指数<.BSE       34,293.52  + 192.39  + 0.56  34,167.53
 SN>                                                      
 前営業日終値                34,101.13                             
                        日本時間15時57    前日比      %       始値
                        分                                
 NSE指数                  10,516.20   + 57.55  + 0.55  10,495.30
 前営業日終値                10,458.65                             
 
    中盤のインド株式市場は、7営業日続伸。2017年11月以来の続伸記録を達成す
る可能性が出てきた。リライアンス・インダストリーズやICICI銀行<ICBK
.NS>などの主要銘柄の上昇に支えられている。
    投資家らは、今後の市場の方向性を探るため、1─3月期の企業決算の発表を待って
いる。
    0541GMT(現地時間午前11時11分、日本時間午後2時41分)時点で、N
SE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.48%高の
1万0508.75。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30
銘柄で構成)        は0.5%高の3万4272.29。
    週間ベースでは現状、NSE指数が1.9%高、SENSEX指数が1.7%高。
    リライアンス・インダストリーズは約1%高で、3月5日以来の高値。インフォシス
は4日続伸で、3週間ぶりの高値。港湾開発業者のアダニ・ポーツ・アンド・
スペシャル・エコノミック・ゾーン(APSEZ)は4%近く上昇し、両指数
で第1位の上昇率。
    ニフティ銀行株指数は2日続伸。ICICI銀行とコタック・マヒンドラ
銀行はともに1%超の上昇。 金属株はニフティ金属株指数ととも
に上昇。ヒンダルコ・インダストリーズは2%高、ベダンタは1.5
%高。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below