January 2, 2020 / 5:51 AM / a month ago

インド株式市場・午前=上昇、中国金融緩和や米中合意署名予定発表を好感

    [ 2日 ロイター] -    
 インド              日本時間14時29    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      41,445.59   + 139.57   + 0.34  41,340.27
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            41,306.02                               
                     日本時間14時44    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数              12,228.75    + 46.25   + 0.38  12,198.55
                                                                 
 前営業日終値            12,182.50                               
    
    午前のインド株式市場は他のアジア市場に足並みをそろえて上昇。中国の金融緩和や
米中貿易合意に関するポジティブな材料が好感された。
    0410GMT(現地時間午前9時40分、日本時間午後1時10分)時点で、NS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.3%高の1万
2219.25。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は0.32%高の4万1433.09。
    中国人民銀行(中央銀行)は1日、景気支援のため、金融機関から強制的に資金を預
かる預金準備率の引き下げを決めた。
    この報を受けてMSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は0.3
5%高。
    トランプ米大統領が31日、中国との貿易協議「第1段階」合意文書への署名を1月
15日に行うと表明したことも、市場心理を支援した。
    業種別指数では、ニフティ金属株指数が1%超上伸。ニフティ自動車株
指数は0.4%上昇。タタ・モーターズが1%近く上昇している
。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below