February 11, 2020 / 6:13 AM / 6 months ago

インド株式市場・午前=上昇、新型肺炎の感染ペース鈍化を好感

    [ベンガルール11日 ロイター] - 
 インド              日本時間14時46    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      41,324.98   + 345.36   + 0.84  41,183.39
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            40,979.62                               
                     日本時間14時47    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数              12,141.95   + 110.45   + 0.92  12,108.40
                                                                 
 前営業日終値            12,031.50                               
 
午前のインド株式市場は上昇。新型コロナウイルスによる肺炎の新たな感染者が減少した
ことに加えて、中国本土の一部の企業で業務が再開した。  
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0400
GMT時点で、1.01%高の1万2141.25。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は1%高の4万1390.50。  
    アジア株は上昇して始まった。MSCIアジア太平洋株指数(日本を除く)<.MIAPJ0
000PUS>は0.9%高。  
    新型肺炎をめぐり10日、中国湖北省では新たに2097人の感染者が確認されたも
のの、1日当たりの感染者は前日の2618人を下回った。  
    ジオジット・フィナンシャル・サービシズの調査担当者は、新型肺炎は長期的にはそ
れほど世界市場に影響を与えないと受け止められており、世界市場は上昇したと述べた。
    また、インドに関しては、原油安を受けて、一部のセクターが上昇したと話した。
    金属株が上昇。中国の鉄鉱石価格が5%超上昇したことが影響した。  ニフティ金
属株指数は1.2%高。タタ・スチールは1.4%高。  国営銀
行も上昇を下支えした。ニフティPSU指数は約1%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below