April 6, 2018 / 7:42 AM / 16 days ago

インド株式市場・午前=下落、米中「貿易戦争」懸念の再燃で

    [6日 ロイター] -    
 インド                 日本時間16時24   前日比       %        始値
                        分                                
 SENSEX指数<.BSE       33,538.14  - 58.66   - 0.17   33,608.59
 SN>                                                      
 前営業日終値                33,596.80                              
                        日本時間16時40   前日比       %        始値
                        分                                
 NSE指数                  10,315.15  - 10.00   - 0.10   10,322.75
 前営業日終値                10,325.15                              
 
    午前のインド株式市場は下落。トランプ米大統領が中国からの輸入品に新たな追加関
税を検討する方針を表明したことを受け、米中の「貿易戦争」への懸念が再燃し、地合い
が悪化。インド株は海外市場につれ安となり、インフォシスなどの大型株が株価全般を押
し下げた。
    0546GMT(現地時間午前11時16分、日本時間午後2時46分)時点で、N
SE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.23%安の1万03
01.50。一方、週間ベースでは1.85%上昇に向かっている。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は0.16%安の3万3544.25。週間ベースでは1.75%上昇に向かってい
る。
    インフォシスとラーセン・アンド・トウブロ(L&T)はともに
1%超の下落。
    ニフティPSU銀行株指数は一時1.6%安。インド中央銀行の金融政
策決定を受け、前日は4.9%高だった。インドステイト銀行は一時1.7%安
。
    石油精製株は、国際原油価格の下落を受けて上昇。バーラト・ペトロリアム<BPCL.NS
>とヒンドゥスタン・ペトロリアムはともに2%超上伸した。 不動産のソブハ<
SOBH.NS>は堅調な通期売上高を好感して10%超急伸。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below