December 4, 2019 / 6:13 AM / 4 days ago

インド株式市場・午前=下落、米中貿易合意期待後退で

    [ベンガルール 4日 ロイター] - 
 インド             日本時間14時53    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      40,659.13    - 16.32   - 0.04  40,606.01
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           40,675.45                               
                    日本時間14時53    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数             11,988.40     - 5.80   - 0.05  11,969.95
                                                                
 前営業日終値           11,994.20                               
    
    4日午前のインド株式市場はアジア株全般につれて下落した。金属株は2日続落。ト
ランプ米大統領の発言を受けて、米中が貿易協議の第1段階の合意に早期にこぎつけると
の期待が薄れた。
    0348GMT(現地時間午前9時18分、日本時間午後0時48分)時点で、NS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.32%安の1万195
6.40。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成
)は0.31%安の4万0552.30。
    トランプ大統領は3日ロンドンで記者団に対し、「中国との合意を米大統領選の後ま
で待つという考えも良いと思う。ただ中国側はいま合意したがっており、われわれは正し
い合意になるかどうかを確認する。正しい合意でなくてはならない」と語った。
    投資家が安全資産買いに転じる中、MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は0.
9%安。
    インド市場では、金属株が特に株価全般の足を引っ張った。貿易合意をめぐる懸念で
金属価格が下落したことが背景。
    ニフティ金属株指数は1.83%安。主要銘柄では鉄鋼大手タタ・スチ
ールが2.41%安。JSWスチールは序盤に約2%下げた。 
    イエス銀行が約3%安と、NSE指数で特に値下がりした。通信設備大手
バーティ・インフラテルは1.83%高。
    
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below