August 2, 2019 / 8:05 AM / 16 days ago

インド株式市場・午前=下落、米国の対中関税拡大表明を嫌気

    [ベンガルール 2日 ロイター] - 
 インド            日本時間16時2    前日比      %      始値
                   8分                              
 SENSEX指数      36,855.21  - 163.11  - 0.44  36,920.1
                                                           1
 前営業日終値          37,018.32                            
                   日本時間16時2    前日比      %      始値
                   8分                              
 NSE指数<.NSEI      10,925.55   - 54.45  - 0.50  10,930.3
 >                                                         0
 前営業日終値          10,980.00                            
    
    2日午前のインド株式市場の株価は1%余り下落した。自動車株と金属株が下落を主
導。トランプ米大統領が9月から対中追加関税を拡大する意向を表明したことでアジア株
全般が打撃を受けた。
    トランプ氏は9月1日から中国からの輸入品3000億ドル相当に10%の追加関税
を課すと表明。世界金融市場を揺るがした。
    米中貿易戦争再燃が懸念され、MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)<.MIAPJ000
0PUS>は6月中旬以来の低水準に沈んだ。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0451GMT時
点で1.17%安の1万0853.90。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引
所=に上場する30銘柄で構成)は1.08%安の3万6629.77。
    グリニッチ・アソシエイツのアジア太平洋中東担当責任者ガウラブ・アロラ氏は「世
界の弱材料に加え、国内に強材料が乏しいことから、株価は引き続きマイナス圏だ」と述
べた。
    ニフティ金属株指数は1.3%安。トランプ氏のツイッターでの発言を受
けて銅相場が安値水準に下落したことが響いた。
    ベダンタは銅相場につれて2.5%安。ヒンダルコは2.1%安
。
    一方、主要自動車メーカー各社の月間販売統計が前月に続き減少したことから自動車
株の投資家は弱気姿勢を維持。ニフティ自動車株指数は1%近く下落。アイ
シャー・モーターズは2.6%下落、ヒーロー・モトコープは2.9
%安、バジャージ・オートは1.6%安。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below