July 30, 2020 / 5:11 AM / 11 days ago

インド株式市場・午前=反発、アジア市場に緩和期待

    [ベンガルール 30日 ロイター] - 
 インド             日本時間13時4    前日比      %       始値
                    6分                              
 SENSEX指数<      38,344.22  + 273.09  + 0.72  38,262.83
 .BSESN>                                             
 前営業日終値           38,071.13                             
                    日本時間13時4    前日比      %       始値
                    6分                              
 NSE指数             11,282.30   + 79.45  + 0.71  11,254.30
 前営業日終値           11,202.85                             
 
    インド株式市場の株価は反発。米連邦準備理事会(FRB)による
事実上のゼロ金利政策維持を受けて、他の中央銀行に対する金融緩和へ
の期待感が広がり、アジア各地の市場が上昇。インド市場も追随した。
    FRBは金利の目標レンジを0─0.25%に据え置くことを全員
一致で決定。米経済下支えに向けて「あらゆる政策ツール」を用いると
表明した。これを受け、ニューヨーク株は上昇して終えた。  
    強気のセンチメントはアジア各地の市場にも広範囲で広がり、MS
CIアジア太平洋株指数(日本除く)は0.4%上昇した。  
    ロイターが29日発表した市場予想では、インド中銀も追加利下げ
の可能性があるとされた。  
    国営銀行株で構成するニフティPSU銀行株指数は0.9%高、ニ
フティIT株指数は0.6%高。個別銘柄では鉱業大手ヒン
ダルコが0.6%高、国営石油会社バーラト・ペトロリアム
(BPCL)が約4%安だった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below