November 27, 2019 / 5:50 AM / 16 days ago

インド株式市場・午前=反発、アジア株高に追随 自動車主導

    [ベンガルール 27日 ロイター] - 
 インド                 日本時間14時27    前日比       %       始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE       40,956.00  + 134.70   + 0.33  40,979.39
 SN>                                                       
 前営業日終値                40,821.30                              
                        日本時間14時27    前日比       %       始値
                        分                                 
 NSE指数                  12,083.70   + 46.00   + 0.38  12,068.50
 前営業日終値                12,037.70                              
 
    27日午前のインド株式市場の株価は、アジア株高につれて反発している。トランプ
米大統領の前向きな発言を受けて、米中が貿易協議「第1段階」の最終合意に近くこぎつ
けるとの期待が高まった。
    トランプ氏は、中国との第1段階の最終合意が近いとの認識を示した。その一方で、
香港の反政府デモを支援する姿勢も強調した。香港問題は米中の対立点でもある。
    トランプ氏の発言は貿易戦争の対立緩和期待を高め、MSCIアジア太平洋株指数(
日本除く)を0.19%高に押し上げた。
    インド市場では0415GMT(現地時間午前9時45分、日本時間午後1時15分
)時点でNSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)が0.45%高
の1万2090.80。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する3
0銘柄で構成)は0.46%高の4万1007.18。
    ニフティ自動車株指数が1.2%高と、NSE指数の上昇を主導。アイ
シャー・モーターズが2.17%上げたほか、タタ・モーターズは2
.11%高。マルチ・スズキは1.6%高。
    NSE指数で特に値上がりしたイエス銀行は最大9.2%急伸。ニフティ
民間銀行株指数は0.4%高。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below