January 7, 2020 / 6:17 AM / 18 days ago

インド株式市場・午前=反発、中東緊張の緩和期待で

    [7日 ロイター] - 
 インド            日本時間14時49    前日比       %       始値
                   分                                 
 SENSEX指数       40,932.08  + 255.45   + 0.63  40,983.04
                                                      
 前営業日終値           40,676.63                              
                   日本時間14時50    前日比       %       始値
                   分                                 
 NSE指数<.NSEI       12,062.90   + 69.85   + 0.58  12,079.10
 >                                                    
 前営業日終値           11,993.05                              
    午前のインド株式市場は反発。中東情勢の一段の深刻化懸念が後退し、原油価格の高
騰に歯止めがかかったことが主因。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0405GMT(
現地時間午前10時02分、日本時間午後1時32分)時点で1.09%高の1万212
1。75。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成
)は1.12%高の4万1131.40。
    原油価格の急騰でNSE指数は6日には2%超急落、1日としては9月3日以来のの
下落幅となった。
    一部のアナリストは反発の力強さについて懐疑的だ。SMCグローバル証券(ニュー
デリー)のサウラブ・ジェイン氏は「7日の上げが持続するとは思わない。投資家は利益
を確保し、手じまいを試みるだろう」と述べた。
    各国アジア市場もこの日は反発。金価格も7年近い高値を付けた前夜から小緩んでい
る。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below