August 30, 2019 / 5:55 AM / 25 days ago

インド株式市場・午前=反発、週間ではプラスへ

    [30日 ロイター] - 
 インド               日本時間14時30      前日比       %        始値
                      分                                   
 SENSEX指数<.B       36,989.83     - 79.10   - 0.21  37,222.26 
 SESN>                                                     
 前営業日終値              37,068.93                                 
                      日本時間14時30      前日比       %        始値
                      分                                   
 NSE指数                10,928.05     - 20.25   - 0.18  10,987.80 
 前営業日終値              10,948.30                                 
    午前のインド株式市場の株価は、他のアジアの市場と歩調を合わせて、反発している
。米中貿易摩擦の解決を目指す動きや、成長鈍化の回避に向けた各国の中央銀行や政府の
一段の取り組みに期待が高まった。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0409GMT(
日本時間午後1時09分)時点で、前日終値比0.42%高の1万0992.55。SE
NSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.42%
高の3万7220.12。週間ではいずれもプラスとなる見込み。
    金属株と鉱業株が高く、ニフティ金属株指数は一時1.61%上昇した
。構成15銘柄中14銘柄がプラス圏。
    国有銀行株で構成されるニフティPSU銀行株指数は0.98%高まで
上昇。
   一方、格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスのインド部門のICRA
は下落し、一時4.68%安を付けた。ナレシュ・タッカー最高経営責任者(
CEO)の解雇を発表したことが嫌気された。
    市場はきょう発表される4ー6月期の国内総生産(GDP)を待っている。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below