March 24, 2020 / 7:18 AM / 3 months ago

インド株式市場・午前=反発、FRBの緩和策好感

    [ベンガルール 24日 ロイター] - 
 インド             日本時間15時45    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      26,523.42   + 542.18   + 2.09  27,056.23
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           25,981.24                               
                    日本時間15時45    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              7,776.60   + 166.35   + 2.19  7,848.30 
 前営業日終値            7,610.25                               
    午前のインド株式市場は1日の下げが過去最大だった前日から反発。米連邦準備理事
会(FRB)が、新型コロナウイルスの世界的流行に揺さぶられた金融システムを安定さ
せるため、最大限必要な資金供給を行うと表明したことが好感された。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0424GMT(
日本時間午後1時24分)時点で、0.55%高の7650.65。一時5.6%高だっ
たが、上げ幅の大半を失った。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場
する30銘柄で構成)は0.37%高の2万6077.41。
    FRBは23日、米経済の支援に向けて社債購入や金融市場安定化に必要なだけ資産
購入を拡大する計画を含む政策メニューを公表した。
    ジェオジット・フィナンシャル・サービシズのチーフ市場ストラテジスト、アナンド
・ジェームス氏は「市場はFRBの刺激策から支援を受けたが、新型ウイルスの影響を見
定めるにはまだ初期段階であり、全体として引き続き地合いは弱い」と述べた。
    IT大手インフォシスは一時8%超上昇し、ニフティIT株指数<.NIFTYIT
>も7%近く伸びた。
    一方、航空銘柄はインド政府が全国内線の運航を無期限停止したことで打撃を受けた
。航空最大手インディゴの親会社は8.5%下落、スパイスジェット<SPJT.NS
も5%近く下げた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below