October 10, 2019 / 6:45 AM / in 10 days

インド株式市場・午前=反落、銀行株が安い

    [ベンガルール 10日 ロイター] - 
 インド                   日本時間15時26分      前日比      %          始値
 SENSEX指数<.BSESN           37,913.03  - 264.92  - 0.69     38,130.23
 >                                                              
 前営業日終値                      38,177.95                                
                          日本時間15時26分      前日比      %          始値
 NSE指数                        11,237.35   - 75.95  - 0.67     11,280.50
 前営業日終値                      11,313.30                                
    
    午前のインド株式市場は、前日の大幅上昇の後で、銀行株主導で反落している。市場
は主要IT各社の決算待ち。
    住宅金融大手インディアブルズ・ハウジング・ファイナンスは9%急落。
ラクシュミ・ビラス銀行との合併をインド中央銀行が承認しなかったことで売
られた。
    大量の不良債権を抱え、暗い話題が続く銀行業界にさらなるネガティブなニュースと
なった。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0437
GMT(現地時間午前10時07分、日本時間午後1時37分)時点で0.35%安の1
万1273.60。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘
柄で構成)        は0.31%安の3万8060.12。
    ニフティ銀行株指数を構成する全12銘柄が下落し、中でもRBLバンク
は4.1%安と大幅に下げた。
    IT大手タタ・コンサルタンシー・サービシズはきょう決算を発表する。こ
れを皮切りに7─9月期決算発表シーズンが始まる。同業インフォシスは11
日に決算を発表予定。タタとインフォシスはそれぞれ約1%高。
    通信株も上伸。リライアンス・ジオが、同社の通信網から他社にかけた電話から料金
を徴収すると表明したことを受けた。アナリストによると、他社もこれに追随した場合、
業界の通信料金と収入が上がる可能性がある。バーティ・エアテルが3.8%
、ボーダフォン・イデアは4.3%、それぞれ上昇した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below