March 9, 2020 / 6:37 AM / 3 months ago

インド株式市場・午前=大幅安、新型コロナ懸念の強まりで

    [ベンガルール 9日 ロイター] - 
 インド                  日本時間15時20     前日比      %          始値
                         分                                 
 SENSEX指数<.BSES       35,942.90  - 1633.72  - 4.35     36,950.20
 N>                                                         
 前営業日終値                 37,576.62                                 
                         日本時間15時21     前日比      %          始値
                         分                                 
 NSE指数                   10,537.35   - 452.10  - 4.11     10,742.05
 前営業日終値                 10,989.45                                 
    
    午前のインド株式市場は大幅安。新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念強まり
や原油価格急落で、アジア市場は軒並み値を大きく下げる展開となった。インド市場もこ
うした流れにつれた。
    エネルギー関と金属関連の銘柄が下げ幅を主導した。NSE指数(ナショナル証券取
引所に上場する50銘柄で構成)は、0422GMT時点で3.70%安の1万
0582.90。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄
で構成)        は、3.86%安の3万6125.45まで下げた。
    ニフティ指数は、2019年2月以来の安値を記録。1日の取引としては、15年8
月以来の下落幅を視野に入れる。
    過去2週間で、新型ウイルスの経済的な打撃をきっかけとした投資家の売り姿勢によ
って、ニフティ指数は9%下落した。同国大手銀の一つであるイエス銀行の混
乱が株式相場を圧迫している。
    こうした中、サウジアラビアが原油の公式販売価格を大幅に切り下げ、4月の原油生
産量を大幅に拡大する計画を決めたことを受け、9日は原油価格が大幅安となった。
    SMCグローバル・セキュリティーズのサウラブ・ジェイン氏は、足元の地合いにつ
いて「今後どのように改善していくのか誰も手掛かりがない状況だ」と語った。
    ニフティ銀行株指数は3.7%安と昨年9月以来の安値水準となった。
    一方、国営製油業者バラット・ペトロリアムは5.3%高。ニフティ構成
銘柄の中で数少ない値上がり銘柄となった。インド政府は7日、同社の過半数株式取得に
関する最初の入札を募った。 
    複合企業リライアンス・インダストリーズは、6%安。オイル・アンド・
ナチュラル・ガスは、原油が急落する中、9.6%安と大きく売られた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below