for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・午前=小動き、IT株上昇を金融株が相殺

    [19日 ロイター] - 
 インド            日本時間14時1    前日比      %        始値
                   9分                              
 SENSEX指数      41,502.36   - 56.21  - 0.14   41,571.82
                                                    
 前営業日終値          41,558.57                              
                   日本時間14時1    前日比      %        始値
                   9分                              
 NSE指数<.NSEI      12,204.80   - 16.85  - 0.14   12,223.40
 >                                                  
 前営業日終値          12,221.65                              
 
    19日午前のインド株式市場の株価はおおむね小動き。IT株の上昇が、金融株の下
落で打ち消されている。投資家は、新たな動きに出る前に手掛かり材料を探ろうとしてい
る。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0400GMT(
現地時間午前9時30分、日本時間午後1時)時点で0.08%安の1万2211.50
。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.0
9%安の4万1515.96。
    投資家は、米下院本会議が「権力乱用」と「議会妨害」でトランプ大統領の弾劾訴追
を可決したことも重視した。ただ、上院では否決される見込みであることから、世界各地
の市場の反応はこれまでのところ限定されている。
    インドでは、物品サービス税(GST)委員会が、税率据え置きを決めたことも地合
いを圧迫した。市場では税率引き下げが予想されていた。
    NSE指数構成株のうち、最大の下落率はイエス・バンクの2%超。国有
銀行株で構成されるニフティPSU銀行株指数は0.6%安で、12銘柄中
10銘柄がマイナス圏で取引されている。
    ニフティIT株指数は0.67%高まで上昇。HCLテクノロジーズ<HCL
T.NS>は1.5%超上げている。
    このほか、タタ・グループ傘下企業株は上昇。2016年に解任されてから法廷闘争
を続けてきたサイラス・ミストリー元会長が、前日に上訴審で勝訴したことが材料視され
ている。タタ・コンサルタンシー・サービシズとタタ・モーターズは
1%超上げている。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up