August 6, 2019 / 7:58 AM / 12 days ago

インド株式市場・午前=小幅上昇、中銀の金融政策決定を控え

    [ベンガルール 6日 ロイター] - 
 インド            日本時間16時3    前日比      %      始値
                   5分                              
 SENSEX指数      37,002.93  + 303.09  + 0.83  36,568.0
                                                           3
 前営業日終値          36,699.84                            
                   日本時間16時3    前日比      %      始値
                   5分                              
 NSE指数<.NSEI      10,951.55   + 88.95  + 0.82  10,815.4
 >                                                         0
 前営業日終値          10,862.60                            
    
    6日午前のインド株式市場は序盤の下げを取り戻し、小幅上昇。投資家はインド準備
銀行(RBI、中央銀行)による7日の金融政策決定を見極めようとしている。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は、0409GMT
(日本時間午後3時09分)時点で0.62%高の1万0930.40。SENSEX指
数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.57%高の3万69
09.50。
    ロイターによる先月の調査結果では、インド中銀は主要政策金利をさらに引き下げる
見通しだ。
    経済紙ミントの報道によると、シタラマン財務相は、同省が国外のポートフォリオ投
資家(FPI)との間で一部高価値の投資に対するタックス・サーチャージ(追加課税)
に関して会談を行うと発表した。
    クアンタム・セキュリティーズのディレクター、ニーラジ・デワン氏は「国内にはネ
ガティブなニュースが当面ないかもしれない。市場には、政府が経済を再生するのではと
の期待がある。株式相場はこの期待を背景に上昇している」と述べた上で、「市場参加者
はインド中銀が利下げを行うと予想しており、FPIに関する財務相の発表も期待を持た
せた」と話した。
    ニフティ公営銀行株指数は1.5%高。自動車株指数は1%
上昇。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below