November 9, 2018 / 7:50 AM / 11 days ago

インド株式市場・午前=小幅上昇、金融や消費関連銘柄が高い

    [9日 ロイター] - 
 インド            日本時間16時1    前日比      %      始値
                   9分                              
 SENSEX指数      35,207.03   - 30.65  - 0.09  35,258.1
                                                           3
 前営業日終値          35,237.68                            
                   日本時間16時1    前日比      %      始値
                   8分                              
 NSE指数<.NSEI      10,593.70    - 4.70  - 0.04  10,614.7
 >                                                         0
 前営業日終値          10,598.40                            
    
    休場明け9日午前のインド株式市場の株価は、序盤に値を下げたが小幅上昇している
。金融や消費関連銘柄が上昇し、IT株の下げを打ち消した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0545GMT(
日本時間午後2時45分)時点で0.16%高の1万0615.8。一時は0.5%安を
付けた。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)
は0.12%高の3万5280.59。
    インド市場は他の軟調なアジア株を材料視しなかった。塗料製造でインド最大手のア
ジアン・ペインツは一時4.6%上昇して6週間ぶりの高値を記録。NSE指
数構成銘柄で上昇率トップとなった。
    アクシス銀行は2.4%高。イエス銀行は一時4.4%高。
    自動車株も堅調で、スズキのインド子会社マルチ・スズキは2.6%高。
タタ・モーターズは3%上昇し、1カ月ぶりの高値を付けた。
    ルピー安を好感し、ニフティ製薬株指数は一時1.5%高。サン・ファー
マシューティカル・インダストリーズは3.4%高。
    一方でIT株は軟調で、インフォシスは2.4%安、タタ・コンサルタン
シー・サービシズは1.6%安。
    通信大手バーティ・エアテルは一時5.7%安。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below