June 4, 2019 / 6:58 AM / 22 days ago

インド株式市場・午前=小幅下落、中銀政策決定待ち

    [ベンガルール 4日 ロイター] - 
 インド                 日本時間15時33    前日比       %       始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE       40,125.21  - 142.41   - 0.35  40,196.00
 SN>                                                       
 前営業日終値                40,267.62                              
                        日本時間15時33    前日比       %       始値
                        分                                 
 NSE指数                  12,036.75   - 51.80   - 0.43  12,052.65
 前営業日終値                12,088.55                              
 
    4日午前のインド株式市場はじり安の展開。前日に付けた終値ベー
スの史上最高値から後退している。投資家は今週のインド準備銀行(R
BI、中央銀行)の政策会合の結果を待っている。
    先週発表された1─3月期のインド国内総生産(GDP)成長率は
4年超ぶりの低水準となり、RBIが4─6日の政策会合で利下げを決
める可能性が高まっている。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)<.
NSEI>は0455GMT(現地時間午前10時25分、日本時間午後1
時55分)時点で0.32%安の1万2051.80。SENSEX指
数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BSES
N>は0.27%安の4万0162.19。
    5日の休場を前に、出来高は低水準だった。
    HDFCセキュリティーズのアナリストは「RBI政策(決定)と
予算案が出るまでは、市場は多くの改革を期待するだろう」と説明。「
これらの希望がどの程度満たされるかはわからない。これら二つのイベ
ントが終わるまで、株価指数は緩やかな上昇基調となるだろう」と語っ
た。
    インド政府は7月5日に2019年度予算案を発表する。新政権の
経済方針を垣間見る機会になるとみられる。
    個別銘柄では自動車大手タタ・モーターズが1.55%
高、同業マヒンドラ・アンド・マヒンドラは0.7%高。ニ
フティ自動車株指数は0.12%高。
    ニフティIT株指数は1.12%安。主要銘柄タタ・コ
ンサルタンシー・サービシズは2%余り下落。取引時間中とし
ては4週間超ぶりの大幅下落を記録した。同業HCLテクノロジーズ<H
CLT.NS>は2.17%、インフォシスは1.5%、それぞれ値
下がりした。
    ICICI銀行は1%超、アクシス銀行は0.
8%余り、それぞれ下落。フィッチ・レーティングスが両行の長期発行
体デフォルト格付けを引き下げたことが嫌気された。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below