December 31, 2019 / 7:33 AM / 19 days ago

インド株式市場・午前=年末の利食い売りに下落、NSEは今年13%上昇へ

    [ベンガルール 31日 ロイター] - 
 インド            日本時間15時5    前日比      %        始値
                   8分                              
 SENSEX指数      41,432.14  - 125.86  - 0.30   41,607.49
                                                    
 前営業日終値          41,558.00                              
                   日本時間15時5    前日比      %        始値
                   8分                              
 NSE指数<.NSEI      12,218.40   - 37.45  - 0.31   12,247.10
 >                                                  
 前営業日終値          12,255.85                              
 
    31日午前のインド株式市場の株価は下落したが、史上最高値近辺の水準で推移した
。投資家は今年最後の取引で、利益を確定した。NSE指数(ナショナル証券取引所に上
場する50銘柄で構成)は今年、13%近い上昇となる見込み。
    NSE指数は0445GMT(現地時間午前10時15分、日本時間午後1時45分
)時点で0.36%安の1万2211.60。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券
取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.38%安の4万1401.35。
    自動車からお菓子まで、あらゆる商品に対する需要が減速し、2019年は経済成長
が5年ぶりの低水準に鈍化したが、NSE指数は年初来で12.5%高、SENSEX指
数は14.8%高。両指数とも今年は史上最高値を更新し、18年の上昇率を大幅に上回
っている。
    それでも、大型株と中小型株との差は大きい。BSE中型株指数は年初来
で3%安、BSE小型株指数は7%安。
    10月前半以来約17%上昇してきたニフティ銀行株指数とニフティPS
U銀行株指数は、この日それぞれ0.40%安と0.33%安。
    ニフティPSU銀行株指数を構成する国営銀行13銘柄のうち12銘柄が下げている
。インディアン・オーバーシーズ銀行は2.1%安。
    7月に付けた史上最安値から23%上昇したニフティ自動車株指数は、
この日0.40%安。年初来では10%安。自動車メーカー各社は深刻な需要減速で生産
や雇用の削減を余儀なくされた。
    ムンバイのアナンド・ラティ・フィナンシャル・サービシズの株式アドバイザリー責
任者シッダルタ・セダニ氏は「株価が史上最高値近辺にあると、調整が入る可能性がある
。きょうはそれが見られている」と説明した。
    NSE指数は20日に取引時間中の史上最高値を記録した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below