September 3, 2019 / 6:34 AM / 17 days ago

インド株式市場・午前=急落、自動車・銀行株が安い

    [ 3日 ロイター] -    
 インド            日本時間15時11    前日比      %         始値
                   分                                
 SENSEX指数       36,952.86  - 379.93  - 1.02    37,181.76
                                                     
 前営業日終値           37,332.79                               
                   日本時間15時10    前日比      %         始値
                   分                                
 NSE指数<.NSEI       10,908.30  - 114.95  - 1.04    10,960.95
 >                                                   
 前営業日終値           11,023.25                               
 
    連休明け3日午前のインド株式市場の株価は急落。先週末に発表された4─6月期の
国内総生産(GDP)伸び率が前年同期比5.0%と、2018年3月以来、6年ぶりの
低水準だったことが嫌気された。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0414GMT(
日本時間午後1時14分)時点で、前週末終値比1.11%安の1万0900.5。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は1
.07%安の3万6933.25。
    前週末にかけて自動車大手各社が発表した8月の販売台数が落ち込んだため、自動車
株が下げている。ニフティ自動車株指数は一時1.7%安を付けた。個別銘
柄では、タタ・モーターズが4.7%安、マヒンドラ・アンド・マヒンドラ<MA
HM.NS>が3%安。
    一方、国有銀行株で構成されるニフティPSU銀行株指数は、3.3%
安まで下げた。政府が苦戦する銀行業界のてこ入れと経済成長の後押しを図り、国営銀行
10行が絡んだ一連の再編案を発表したことが悪材料。10行のうち最大手のパンジャブ
・ナショナル銀行の株価は6.3%下げ、昨年10月1日以来の安値に沈んだ
。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below