November 26, 2019 / 4:54 AM / 17 days ago

インド株式市場・午前=最高値更新、米中貿易協議進展を好感

    [26日 ロイター] - 
 インド                 日本時間13時37    前日比       %        始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE       41,075.87  + 186.64   + 0.46   41,022.85
 SN>                                                       
 前営業日終値                40,889.23                               
                        日本時間13時37    前日比       %        始値
                        分                                 
 NSE指数                  12,118.15   + 44.40   + 0.37   12,110.20
 前営業日終値                12,073.75                               
    
    午前のインド株式市場は、アジア株全般に足並みをそろえて上昇した。NSE指数、
SENSEX指数とも史上最高値を記録した。米中貿易協議に新たな進展の兆候が見られ
たことを投資家が歓迎した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は直近で0
.41%高の1万2121.45。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に
上場する30銘柄で構成)        は0.48%高の4万1085.12。
    中国商務省は26日、劉鶴副首相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、
ムニューシン米財務長官が貿易協議「第1段階」の合意に関して電話会談を行ったと発表
した。
    この報を受けてMSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は0.5
%高となった。
    インド市場では、国有銀行株が特に上昇し、ニフティPSU株指数は0
.75%高。
    ニフティ金属株指数は2日続伸で0.7%高。
    アルミメーカーのヒンダルコが1.9%高、鉄鋼大手タタ・スチール<TISC
.NS>が1.7%高と、NSE指数構成銘柄で上昇率上位だった。 
    一方、通信塔インフラ供給のバーティ・インフラテルが4.9%安と、値
下がりが目立っている。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below