October 22, 2019 / 6:59 AM / a month ago

インド株式市場・午前=荒い値動き、内部告発のインフォシスが急落

    [22日 ロイター] - 
 インド                 日本時間15時37    前日比       %       始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE       39,262.27   - 36.11   - 0.09  39,233.40
 SN>                                                       
 前営業日終値                39,298.38                              
                        日本時間15時36    前日比       %       始値
                        分                                 
 NSE指数                  11,666.65    + 4.80   + 0.04  11,657.15
 前営業日終値                11,661.85                              
 
    週末3連休明け22日午前のインド株式市場は、荒い値動きとなる中を、ほぼ横ばい
で推移している。最高経営責任者(CEO)にかけられた容疑について調査していると表
明したインフォシスは急落した。
    21日のインド金融市場は西部マハラシュトラ州の選挙のため休場だった。NSE指
数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0426GMT(現地
時間午前9時56分、日本時間午後1時26分)時点で0.02%安の1万1661.5
0。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は0.21%安の3万9215.48。
    インフォシスの株価は13%安と、NSE指数構成銘柄で下げが最もきつい。同社は
パレクCEOによる「非倫理的な慣行」を主張する内部告発を受け取ったと発表した。
    一時は16%安と、取引時間中としては約6年半ぶりの大幅下落を記録した。インフ
ォシスの急落はIT株指数を圧迫し、同指数は4.11%下げて4週間超ぶり
の安値を付けた。
    HDFCセキュリティーズのリテールリサーチ責任者、ディーパック・ジャサニ氏は
「インドで特に評判の高い企業における企業統治の問題に、投資家は驚いている」と説明
。「過去2日間の企業決算は予想並みかそれより若干良い内容で、このことが株価指数の
一段の下落を抑えた」と語った。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below