April 30, 2020 / 5:15 AM / a month ago

インド株式市場・午前=2%超上昇、コロナ治療薬に期待

    [ベンガルール 30日 ロイター] - 
 インド                  日本時間13時49    前日比       %       始値
                         分                                 
 SENSEX指数<.BSES       33,709.34  + 989.18   + 3.02  33,381.19
 N>                                                         
 前営業日終値                 32,720.16                              
                         日本時間13時50    前日比       %       始値
                         分                                 
 NSE指数                    9,838.90  + 285.55   + 2.99   9,753.50
 前営業日終値                  9,553.35                              
 
    30日午前のインド株式市場の株価は2%超上昇し、約7週間ぶり高値を付けた。新
型コロナウイルスの臨床試験で有望な結果が出たことや、決算発表を控えた複合企業リラ
イアンス・インダストリーズ株の上昇が支えた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0350
GMT(日本時間午後0時50分)時点で、2.05%高の9749.5。SENSEX
指数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は2.18%高
の3万3432.25。
    米バイオ医薬品メーカーのギリアド・サイエンシズは抗ウイルス薬「レムデ
シビル」の治験で、新型コロナによる症状の早期改善につながる結果が示されたと発表。
これを受け、米国やアジア各地の株式相場が上昇した。
    リライアンス株は1.9%高。民間最大手銀行であるHDFC銀行は一時
3.5%高を付けた。
    製薬会社グレンマーク・ファーマシューティカルズは一時8.9%高。同
社はインド当局から、新型コロナ治療の候補とされる抗ウイルス薬ファビピラビル(商品
名アビガン)の治験を実施する承認を得た。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below